趣味の魚釣り日記や日常あった事の日記を書きます。


by dakamadai

カテゴリ:釣り結びあれこれ( 10 )

針の交換

針の交換

釣り針の交換は安定した釣果を得るためには必要不可欠な作業です。
根掛りした時は言うまでも無く交換、魚が釣れた後も交換するぐらいの気持ちを
持っていても損は無いです。
針先が鈍ると絶対に釣果が落ちます。
面倒でも小まめに釣り針の交換をすることをオススメします。
針交換は釣りの基本です。
釣り針結び方マニュアル
[PR]
by dakamadai | 2017-04-11 13:38 | 釣り結びあれこれ

エギング結び一覧

エギング結び一覧

エギングのリーダー結びはFGノットが一番オススメです。
強度が強く結び目が小さいのがFGノットの魅力です。
最強結びとも言えるでしょう。

リーダーとエギングスナップを結ぶ方法はどんな釣り結びでもOKです。
クリンチノットなどが手早く結べます。

この2種類の釣り結びを覚えるとエギング結びは完璧です。

エギングリーダー結び方ノット一覧
[PR]
by dakamadai | 2015-09-15 12:28 | 釣り結びあれこれ

PEジョイントリーダー

PEジョイントリーダー

クレイジーオーシャンから発売されているPEジョイントリーダーが便利です。
エギング、ティップランエギング、イカメタルなどのリーダー結びに最適なアイテムです。
PEラインとリーダー結ぶアイテム
ラインブレイク時の緊急対策用としてPEラインとリーダー結びに最適でしょう。
自宅や陸でゆっくりリーダーとPEラインを結べる場合はラインシステムで
丁寧に結ぶことをオススメしますが、夜釣りや強風時、ボート上など
ラインシステムが結びにくい状況下でPEジョイントリーダーは非常に役立ちます。
[PR]
by dakamadai | 2015-09-01 12:06 | 釣り結びあれこれ
ライトタックル釣りのPEライン結び

ライトタックル釣りでは極細PEラインを使うのが基本です。
細いPEラインを使うのはPEとショックリーダーラインを結ぶラインシステムの
習得が必要です。

ライトタックル釣りに覚えておきたいPEライン結びを一覧にしました。
peラインの結び方解説一覧

PRノット

FGノット

MIDノット

電車結び(強度が無いですが結び方が簡単ですので応急処置用として覚えておきたい釣り糸と釣り糸を結ぶ方法です)
[PR]
by dakamadai | 2013-12-11 11:08 | 釣り結びあれこれ
ピーイーラインの結び方で強度が高いノット

ピーイーライン(PEライン)は今では釣り用道糸として
欠かせない釣り糸です。
PEラインの特徴である細く強い。そして高感度。
このメリットを活かすためには先糸を結ぶ必要があります。
いわゆるショックリーダーラインです。

PEラインの強度を落とさない結び方を紹介します。

強いPEラインとリーダーの結び方一覧

FGノット

エフジーノットはピーイーラインの強度を落とすことなく性能をフルに発揮できる
ラインシステムです。
沖釣り、エギング、バス釣り・・・PEラインを使う様々な釣りにオススメの
強度が強いPE結びです。

MIDノット

ミッドノットもFGノット同様PEの特徴を活かし結べるPE結びです。
ジギング、船釣り、投げ釣り、エギングなど様々な釣りに活用できる
ピーイーライン結び方です。
[PR]
by dakamadai | 2013-10-12 13:26 | 釣り結びあれこれ
クイックノッターPEライン結び方

オフトから発売されているPEラインとリーダー結び(クイックノッター)
オススメです。

簡単に、強力にPEラインとショックリーダーを結ぶことができる
結束器です。

主にエギング、ライトジギングで使っています。

今はアオリイカが良く釣れるエギングシーズンです。
PEラインを多用するエギングではクイックノッターが役立つでしょう。

peラインの結び方解説一覧
[PR]
by dakamadai | 2012-10-09 11:34 | 釣り結びあれこれ
エギングPEラインについて

エギングで使うPEラインは8本より4本よりが多いです。
最近では安く購入することができる3本縒りも発売されています。

糸無きがイヤで予算が十分ある方にはエギングPEラインは8本撚りをおすすめします。
一般的bには4本よりで十分です。
アオリイカをエギングで釣るときに最低限の性能のみを持ち合わせているのが
3本よりタイプの比較的安めのpeラインです。これでも十分アオリイカをエギングで
釣ることができます。

強度があるのが高価な8本よりですがそれはしっかりした
ラインシステム(PEラインとリーダー結び方)が組めてはじめて
活かされる性能です。

安い3本PEでもラインシステムでショックリーダーを確実にしっかり結ぶことで
エギングに対応することができるということです。

エギングを極めるためにはどんなPEを選ぶかということよりリーダー結びをしっかりすることが重要になります。

peラインの結び方解説一覧
[PR]
by dakamadai | 2011-09-01 10:44 | 釣り結びあれこれ
ジギングリーダーのオススメ結び方

PEラインを使うジギング釣法ではショックラインとなるリーダーを
結ばなくては釣りにならないのはもはや常識となって釣り人に浸透しています。
あらゆるPEラインリーダー結び方がありますが特にオススメのノット結び方を一覧にしました。

FGノット

一番強いPE結びでしょう。
オススメです。

SFのっと

fgノットを短縮させた結び方です。
簡素にしたラインシステムですが強度が上々です。
ライトジギングにおすすめです。


釣り用ラインシステム結び方
[PR]
by dakamadai | 2011-04-07 10:19 | 釣り結びあれこれ

最強釣り針結び方ノット

最強釣り針結び方ノット

南方延縄結び

この釣り針結びはとにかく強度が強く大物釣りにはオススメの
針結び方です。
ハリとハリスの結びは言うまでもなく釣り結びで一番重要なノットです。

渓流釣りなどの小さな針を使う釣りやルアーフィッシングのようにアイ付きフックを
使う釣りには南方延縄結びは要りませんが
青物釣りやマダイ釣り、巨大根魚釣りなどにはこの結び方は覚えておいて損は無い
強力な釣り針結び型です。

釣り針のこと
[PR]
by dakamadai | 2010-12-16 11:49 | 釣り結びあれこれ

ジギングノットについて

ジギングノットについて

ジギングインチク釣りエギングで使用しているノット(釣り結び)は
FGノットです。ラインシステムの中でも特に強いラインとラインを結ぶ方法です。
PEラインとリーダーを結ぶノットでは一番強いと思っています。

エギングのターゲットであるアオリイカなどは割りと小さい釣りものですので
他のラインシステムでもOKかと思いますが
ジギングで狙うヒラマサやブリ、インチク釣りで狙う大型マダイや5kgオーバーの大ヒラメには
fgノットは外せないラインシステムです。

また、最近ではソルトウォーターフィッシングだけではなくバス釣りにもPEを使うときは
FGノットでラインとリーダーを結んでいます。

エフジーノットはオススメの釣り結びです。

釣り用ラインシステム結び方
[PR]
by dakamadai | 2010-09-21 09:10 | 釣り結びあれこれ